当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

オリジナルエラー画面を表示する

ファイルが見つからない場合や、何らかのエラーが出た場合は以下のような標準のエラー画面が表示されます。

オリジナルエラー画面を表示する

これを、例えば以下のようにオリジナルエラー画面を作成することにより、自由に変更することが可能です。

オリジナルエラー画面を表示する

オリジナルエラー画面を表示する方法は以下の通りです。

1.初めにエラーが発生した際に、オリジナルのエラー画面が表示されるように設定を行います。

管理ページにログインし「ファイルマネージャ」をクリックします。

初めにエラーが発生した際に、オリジナルのエラー画面が表示されるように設定を行います。

2.「ファイルマネージャ」画面内にある「error_docs」をクリックします。

追加したいドメイン名を入力

3./error_docsディレクトリ内が表示されますので、変更を行いたいファイルの右側にあるボタンを選択してください。

/error_docsディレクトリ内が表示されますので、変更を行いたいファイルの右側にあるボタンを選択してください。

それぞれのファイルを編集することにより得られる効果は以下の通りです。

bad_request.php
ERROR400画面を設定します。
この画面は入力されているホームページのアドレスが間違っている場合等に表示されます。
unauthorized.php
ERROR401画面を設定します。
この画面はパスワードが違う場合等に表示されます。
forbidden.php
ERROR403画面を設定します。
この画面は表示が許されていない場合等に表示されます。
not_found.php
ERROR404画面を設定します。
この画面はファイルが見つからない場合等に表示されます。
internal_server_error.php
ERROR500画面を設定します。
この画面はCGIや設定のミスなどによるサーバーエラー時等に表示されます。

4.ファイルの編集画面が表示されます。

ここに、表示させたいエラー画面の HTMLの記述をし、「エンコード」を「SHIFT_JIS」を選択してください。
編集終了後、「OK」ボタンをクリックしてください。
なお作成に際しましては、以下の点にご注意願います。
・ /error_docsディレクトリに、画像ファイルをアップロードすることはできませんのでご注意願います。
画像を使用する際は /httpdocs等のファイルをアップロードすることができるディレクトリに使用する画像を格納します。
画像を格納後、 HTMLファイルに格納した画像ファイルを参照するよう、以下のように記述を行います。

 

<img src="お客様のURL/画像ファイル名" border="0">

 

をHTMLファイル内に記述します。

(例)http://example.awk.jp/httpdocsディレクトリにアップロードを行った
「xbit_rogo001.gif」ファイルを表示させるためには、以下のような記述を行います。

 

<img src="http://example.awk.jp/xbit_rogo001.gif" border="0">

 

※詳しい記述方法につきましては、以下の WEBページをご参照願います。

 

ファイルの編集画面が表示されます。

5.エラーを発生させて画面を確認してください。

エラーを発生させて画面を確認してください。

マニュアルトップへ戻る