当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

ファイルのアップロード(windows編)

ファイルをサーバにアップロードするには以下の2つの方法があります。Webサイトのメンテナンスという意味ではFTPを使って行うのが一般的です。

ファイルマネージャ コントロールパネルからファイルマネージャを使ってアップロードします。1度に1つのファイルしかアップロードできません。
FTP 専用ソフトを使って、RTP経由で接続しファイルをアップロードします。1度に複数のファイルをアップロードすることが可能です。

ここでは「FFFTP」というフリーのFTPソフトを使ったアップロード方法を説明していきます。

1.FFFTPの設定

FFFTPが無い場合は、以下からダウンロードしてインストールしておいてください。
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.php
FFFTPを起動すると「ホスト一覧」が表示されます。「新規ホスト」をクリックしてご契約いただいているサーバの情報を設定していきます。

FFFTPの設定

まずは以下の4項目を入力してください。

ホストの設定名 エクスビットなど、どんな名前(任意の名前)でも区別がつけば結構です。
ホスト名 「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載がある「FTPサーバ」を入力してください。
ユーザ名 「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載がある「Web管理者アカウント」のユーザIDを入力してください。
パスワード 「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載がある「Web管理者アカウント」のパスワードを入力してください。

FFFTPの設定

次にローカルの初期フォルダをデスクトップに設定しておきます。「ローカルの初期フォルダ」の右にあるボタンをクリックして、「フォルダの参照」ダイアログを表示し、「デスクトップ」を選択して「OK」ボタンをクリックしてください。

FFFTPの設定

安全性を確保するためと、LAN内からのアップロードにも対応するためにPASVモードを有効にします。「拡張」タブをクリックして、「PASVモードを使う」にチェックをつけてください。

FFFTPの設定

最後に、アップロードする際にサーバのファイルリストが見れるように設定を追加しておきます。「高度」タブをクリックし。「LISTコマンドでファイル一覧を取得」をチェックし、「NLST-Rを使って高速に再帰検索」のチェックを外してください。
これで設定は終了ですので「OK」ボタンをクリックしてください。

FFFTPの設定

2.Webページのアップロード

FTPソフトの設定は終わっていますので、サーバへ接続してみましょう。ホスト一覧から先ほど設定した「エクスビット」を選択し、「接続」ボタンをクリックします。

Webページのアップロード

サーバに接続され、以下のような画面が表示されるはずです。左がローカルのパソコン、右がご契約いただいたサーバになります。公開するためのHTMLファイルは、/httpdocsに設置しますので、「httpdocs」をクリックしてディレクトリを移動します。(「httpdocs」とSSLを使う際に使用する「httpsdocs」がありますので注意してください。「s」が無いほうをクリックします。)

Webページのアップロード

このディレクトリにファイルをアップロードすればWebページを公開することができます。アップロードは左から右へドラッグ&ドロップすることで可能です。最初からディレクトリ内にある「index.php」などは消したり上書きしても問題ありません。

Webページのアップロード

ファイルを右クリックしても以下のようにアップロードすることが可能です。

Webページのアップロード

3.アップロードしたページにアクセスする

「httpdocs」ディレクトリにアップロードしたHTMLファイルには以下のようなURLでブラウザからアクセスすることが可能です。
http://ご利用ドメイン/ファイル名
例えば、「test.php」を「httpdocs」ディレクトリにアップロードした場合には、以下のようなURLになります。
http://ご利用ドメイン/test.php

マニュアルトップへ戻る