当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

コンテナの停止/再起動 〜 VPSプランのみ 〜

VPSコースをご利用の場合は、Plesk画面上からご利用いただいている仮想サーバー環境(コンテナ)をお客様自身で停止/起動/再起動することができます。

※VPSコースをご利用の方だけPleskにVirtuozzoメニューが表示されます。
通常のXunitコース(スタンダードコース以上)をご利用の場合にはPlesk画面でVirtuozzoメニューが表示されません。

コンテナの停止/再起動にはサービス停止を伴いますので、運用中のコンテナに対して、ここで説明する操作をすることはほとんどないと思いますが、下記の場合などに有用です。

  • 運用前の初期セットアップ時に自動起動設定するサービスの確認をしたい場合
  • プログラムが暴走し、コンテナへアクセスできなくなった場合
  • etc..

操作手順

pleskに管理者権限(adminユーザ)でログインします。

メールアドレス作成画面の起動

左メニューの「virtuozzo」をクリックします。

メールアドレス作成画面の起動

Virtuozzoメニューに入ると画面上部に「コンテナの起動」「コンテナの停止」「コンテナの再起動」といったメニューが表示されますのでこちらから操作して下さい。

コンテナを停止したい場合は「コンテナの停止」をクリックします。
※ 詳細をクリックするとコンテナの停止処理の進行状況が確認できます。
※ コンテナの停止には数秒〜数十秒かかります。

メールアドレス作成

なお、コンテナを停止してもPlesk画面にはログインできるため、「コンテナの起動」をクリックすることで、コンテナを起動することができます。

※「コンテナの起動」がクリックできない状態になっている場合は、停止処理が完了したことを確認後、左メニューの「Virtuozzo」をクリックして画面を更新して下さい。

メールアドレス作成

マニュアルトップへ戻る