当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

SPAMフィルタの設定をする

勝手に送りつけられる必要の無いメールをいちいち削除するのは意外と大変なものです。
ここでは、そのようなスパムメールを自動的に削除するためのスパムフィルターの設定方法を説明します。

SPAMフィルタの設定をする

コントロールパネルにログインして、「メール」アイコンをクリックしてください。 初期設定でスパムフィルターは有効になっています。

SPAMフィルタの設定をする

次にスパムフィルターの詳細な設定を行います。 スパムフィルターの詳細な設定は個々のメールアドレスごとに行う必要があります。

SPAMフィルタの設定をする

設定を行いたいメールアドレスをクリックしてください。

SPAMフィルタの設定をする

次に「スパムフィルター」アイコンをクリックします。
スパムフィルターの設定画面が表示されます。 ここでは、各メニューごとに設定していきます。

■パーソナル設定

■パーソナル設定

  • ・サーバの設定を〜 : メールのフィルタリングにサーバ単位の設定を適用します。
  • ・スパムとしてみなす数 : スパムフィルターの精度を設定します。問題がなければ初期値の「7」のままで運用してください。
  • ・スパムメールの処理 : 処理のしかたを指定します。削除することも保存することもできます。
  • ・スパムとしてみなす件名 : チェックをつけ、題名を入力します。

設定を完了後「設定」ボタンをクリックします。

■ブラックリスト

■ブラックリスト

このリストに一致するメールアドレスは常にスパムメールとして認識されます。
リストに追加するときは上の E-mailパターンフィールドにアドレスを入力し、追加ボタンを押します。
逆に削除するときはリストからアドレスを選び、削除ボタンをクリックします。

■ホワイトリスト

■ホワイトリスト

このリストに一致するメールアドレスは常にスパムメールではない無害なメールと認識されます。
リストに追加するときは上の E-mailパターンフィールドにアドレスを入力し、追加ボタンを押します。
逆に削除するときはリストからアドレスを選び、削除ボタンをクリックします。
このほかにも、メールヘッダーから自動的にスパムを見分けるトレーニングツールもご利用いただけます。
スパムフィルタのトレーニング対象となるのはサーバ上に保存されているメールだけです。そのため、スパムフィルタのトレーニングをおこなう場合は、事前にメールソフトを設定し、サーバにメールを残すようにしておくか、メールを受信する前にトレーニングをおこなってください。
ここではOutlook Expressでサーバにメールを残す設定方法を紹介します。
Outlook Express画面内にある、「ツール(T)」タブをクリックし「アカウント(A)」を選択します。

■ホワイトリスト

設定を行いたいメールアドレスを選択し、「プロパティ(P)」を選択します

■ホワイトリスト

プロパティ画面上の「詳細設定」タブを選択します。

■ホワイトリスト

「詳細設定」タブ内の配信欄の「サーバーにメッセージを置く」のチェックボックスにチェックを入れます。必要に応じて「サーバから削除する」、「「削除済み」を空にしたら、サーバから削除」にチェックをいれます。

■ホワイトリスト

以上で設定は終わりです。

■ホワイトリスト

スパムフィルターのページの上部にある 「トレーニング」ボタンをクリックします。
スパムフィルタートレーニングの画面が表示されます。

■ホワイトリスト

メールに受信されているメールが一覧表示されています。このメールをスパムメールと通常メールに振り分けて登録することで、スパムメールの判別の精度を高めることができます。
スパム該当するメールの右端のチェックボックスにチェックを入れて「It's Spam」をクリックすることで、スパムメールとして登録できます。

■ホワイトリスト

登録後、Infoの欄に表示されている「Message learned」の 「as spam」の数字が増加します。

■ホワイトリスト

また受信する通常メールの右端のチェックボックスにチェックを入れて 「It's Not Spam」をクリックすれば、このメールを通常のメールとして登録できます。

■ホワイトリスト

登録後、Infoの欄に表示されている「Message learned」の 「as non-spam」の数字が増加します。

■ホワイトリスト

SPAMかどうかの判断は非常に繊細であるため、実際に学習効果が現れるまでにはas spamとして200件以上、non-spamメールとして200件以上の登録が必要となります。精度を高めるためにはより多くのメールを学習させてください。

マニュアルトップへ戻る