当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

Mac OSX Mailの設定

ここでは Mailを使ってメールの送受信をする方法を説明していきます。
(バージョンは1.3.11を使用しています)
メールの送受信を行うためには事前にメールアドレスを作成しておく必要があります。
(詳細は「メールアドレスの作成」を参照してください。)

1.Mailの起動

[Mail]を起動します。
[ようこそMailへ]ダイアログが表示されますので、必要事項を記入していきます。

Mailの起動

2.ダイアログを設定する

設定例

Mailの起動

ダイアログの項目は以下のように設定をしていきます。

(1) 氏名

まずは名前を設定します。 ここで設定した名前はメール送信の際に送信者欄( From)に記載されます。
送信時に使用したい名前を入力してください。

(2)メールアドレス

使用するメールアドレスを入力してください。メールアドレスは事前に作成しておく必要があります。

(3) 受信用メールサーバ

受信サーバは「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載があるサーバ名を入力してください。

(4)アカウントの種類

受信サービスは『POP』を選択してください。

(5)ユーザ名

アカウント名はメールアドレスの@より前の部分となります。 「testuser@example.awk.jp」の場合「testuser」がアカウント名となります。

(6)パスワード

パスワードは作成時に設定したアカウントのパスワードを入力してください。

(7) 送信用メールサーバ(SMTP)

送信サーバは「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載があるサーバ名を入力してください。 すべての設定が完了したら、[OK]をクリックしてください。

※ 以下のようなメッセージが表示される場合は[いいえ]を選択してください。

Mailの起動

3.SMTP認証の設定

記の作業でメール受信はできるようになっていますが、メール送信を行うためには最後に認証設定をする必要があります。ここでは「Mail」にSMTP認証の設定を行います。

  • (1)メニューバーの[Mail]をクリックするとメニューが表示されます。その中の[環境設定]をクリックします。

    SMTP認証の設定

  • (2)環境設定]をクリックすると、[アカウント]ダイアログが表示されます。
    [アカウント]ダイアログでは、先ほど設定したアカウントの情報が確認できます。
    [アカウント]ダイアログ内の『送信用サーバ(SMTP)』の項目の『サーバの設定』のボタンをクリックします。

    SMTP認証の設定

  • (3)『サーバの設定』のボタンをクリックしますと、[SMTPサーバのオプション]ダイアログ が表示されます。

  • (4)サーバのポートを「587」に変更します。

    SMTP認証の設定

  • (5)[SMTPサーバのオプション]ダイアログ内の以下の項目を下記のように設定します。

    SMTP認証の設定

認証:
「パスワード」を選択してください
ユーザ名:
ユーザ名はメールアドレスの@より前の部分となります。
「testuser@example.awk.jp」の場合「testuser」がアカウント名となります。
パスワード:
パスワードは作成時に設定したアカウントのパスワードを入力してください。
以上で「Mail」の設定はすべて完了です。

設定が完了したら正しくメールの送受信ができるか自分宛にテストメールを出してください。
正しく設定がおこなわれていない場合、以下のようなエラーが出ることがあります。
下の例の場合、設定したSMTPサーバが正しく選択されておらずメールの送信ができていません。
『メッセージの送信に使用するサーバ』の項目に設定していただいたSMTPサーバを選択していただく必要があります。

SMTP認証の設定

マニュアルトップへ戻る