当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

専用サーバー Xunit(エクスユニット)

Movable Typeでブログサイトを作る

ここではウェブログツールとして人気の高いMovable Typeのインストール方法を説明していきます。
MovableTypeは無料で使えるソフトウェアではありませんので以下のURLからご利用のライセンス形態を確認しておいてください。下記以降は無償で使用可能な「限定個人ライセンス」を想定しています。
http://www.movabletype.jp/get_movable_type_personal.shtml
なおECサイトや企業サイトなど商用活動で使う場合は、有償のライセンス購入が必要となります。

1.ECバイヤーズへの登録

Movable Typeをダウンロードするには、まずECバイヤーズというサイトからダウンロードの準備を行う必要があります。
ECバイヤーズへ登録するには、まずウェブブラウザから「http://www.sixapart.jp/movabletype/」にアクセスしトップページのMovable Typeのアイコンをクリックします。

ECバイヤーズへの登録

ページ下部に個人ライセンスに関する案内の記載があります。一通りご覧の上リンク先をクリックします。

ECバイヤーズへの登録

ECバイヤーズのページに移動したあと、ページの内容を一通り確認します。ページ最後の「ダウンロード受付画面」をクリックします。

ECバイヤーズへの登録

続いて受付画面から名前とメールアドレスを入力します。

ECバイヤーズへの登録

続いて入力した記述が正しいかどうかを確認します。その上で問題が無ければ「申込」をクリックします。

ECバイヤーズへの登録

閉じるをクリックします。

ECバイヤーズへの登録

2.Movable Typeのダウンロード

登録後、数分経過すると下記のようなメールが届きます。

Movable Typeのダウンロード

メール本文内にある、ダウンロード認証画面にアクセスし、ダウンロード認証キーを入力し「次へ」をクリックします。

Movable Typeのダウンロード

ダウンロードをクリックしてダウンロードします。

Movable Typeのダウンロード

3.データベースの作成

データベースを作成する為に、まずはコントロールパネルにアクセスして下さい。
下図のデータベースのアイコンをクリックします。

データベースの作成

新しいデータベースの追加のアイコンをクリックして下さい。

データベースの作成

データベース名をお好きな文字をアルファベットで入力して、「OK」ボタンをクリックして下さい。
下記のデータベース名は例です。エラーメッセージが出る場合は他の名前でデータベースを作成してください。

データベースの作成

次に新しいデータベースユーザーの追加のアイコンを押して下さい。

データベースの作成

データベースユーザー名、新しいパスワード、パスワードの確認の入力欄3つにお好きなデータベース名とパスワード入力して下さい。
入力しましたら、「OK」ボタンをクリックして下さい。
これで、データベースの設定は完了です。

データベースの作成

4.設定ファイルの編集

ダウンロードしたファイルは圧縮されたアーカイブファイルになりますので、 Lhacha など適当な解凍ソフトで解凍してください。
解凍が終わったら、Movable Typeの設定ファイルの編集を行います。
解凍が終わりますと「MT-3.3-ja」というフォルダができます。
「MT-3.3-ja」 フォルダの中に「mt-config.cgi-original」というファイルがあるので、このファイルを「mt-config.cgi」という名前でコピーします。
コピーした「mt-config.cgi」が設定ファイルになり、「mt-config.cgi」ファイルをテキストエディタで編集していきます。
(メモ帳で開くと改行がうまくできていない状態で表示されてしまいますので、秀丸等のテキストエディッタで開いてください。)
行頭に#がある行は、コメント行でありその行は無効となります。
ここでは自分が使用しているドメインが「example.awk.jp」ということを前提に説明していきます。
※「example.awk.jp」の部分はご利用のドメインに適宜読み替えて設定を行ってください。

CGIPathの編集

15行目 「CGIPath」から始まる行に Perlスクリプトを保管するディレクトリパスを設定します。「編集前」から「編集後」のように書き換えてください。

編集前 CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/
編集後 CGIPath http://example.awk.jp/mt33/

StaticWebPathの設定

21行目 StaticWebPathは、先頭に「#」記号をつけて無効にします。

編集前 StaticWebPath http://www.example.com/mt-static
編集後 # StaticWebPath http://example.awk.jp/mt-static

データベース・サーバーへのアクセス情報の設定

28行〜32行目に、先程作成したデータベース環境を記述します。

編集後 ObjectDriver DBI::mysql
Database mt33
DBUser xbit
DBPassword password
DBHost localhost

その他のデータベース情報の削除

データベースはMySQLを利用するため、MySQL以外の行は全て削除します。
#### POSTGRESQL ####の行からファイルの最後までのデータを全て削除します。

その他の設定

最終行以降に下記の項目を追加します。

TempDir ./tmp
PublishCharset euc-jp
DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

最終的な設定

全て編集し終わったあとは下記のような設定となります。(コメントは省略しています)

CGIPath    http://example.awk.jp/mt33/

ObjectDriver DBI::mysql
Database mt33
DBUser xbit
DBPassword password
DBHost localhost
TempDir ./tmp
PublishCharset euc-jp
DBUmask 0022 
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

5.Movable Typeのアップロード

FFFTPを使って接続後、mt33というディレクトリを新しく作成し、その中に移動します。

Movable Typeのアップロード

「httpdocs/mt33」に移動したら、左側のウインドでMT-3.3-jaディレクトリの中に移動します。その後右クリックして、「全てをアップロード」をクリックして下さい。

Movable Typeのアップロード

次に「mt33」内に「tmp」フォルダを作成してください。
「mt33」に移動していることを確認の上、右側のウインドで右クリックして「フォルダ作成」をクリックすれば可能です。

6.パーミッションの設定

まず「mt33」内の「.cgi」ファイルのパーミッションをすべて「701」に変更します。

パーミッションの設定

パーミッションの設定

7.インストール

次にブラウザで「http://example.awk.jp/mt33/」にアクセスしてください。
(なお「example.awk.jp」はご利用のドメイン名に読み替えてください)
アクセスするとログイン画面が表示されます。ログインボタンをクリックし、インストール画面に移動します。

インストール

必要事項を入力し、「インストールを続行」ボタンをクリックします。

インストール

これでインストール自体は一通り終了です。

インストール

以下のように管理画面へのログイン画面が表示されます。ユーザ名、パスワードには先ほど設定したものを入力し「ログイン」ボタンをクリックしてください。

ウェブログの作成

8.ウェブログの作成

今回は
http://example.awk.jp/blog/
というURLでアクセス可能な新しいブログを作成します。
そのためには、下記にしたがってブログの初期設定を行います。
管理画面へのログインしたら、「ブログの一覧」をクリックしてください。

クリックすると、ブログのシステム管理画面が表示されます。次に「ブログを新規作成」をクリックします。

ウェブログの作成

クリックすると設定画面に移動します。以下の設定を行っていきます。なお「example.awk.jp」はご利用ドメインに読み替えてください。

ウェブログの作成

ウェブログの名前

ウェブログの名前です。好きな名前をつけてください。あとで変更することも可能です。

サイトのURL

実際にアクセスする際に使用するウェブログの URLです。「編集前」から「編集後」のように書き換えてください。

編集前 http://www.example.awk.jp/
編集後 http://www.example.awk.jp/blog/

サイト・パス

「/httpdocs/」をブログ用ディレクトリとして使用するので、「編集前」から「編集後」のように書き換えます。

編集前 /home/httpd/vhosts/www.example.com/mt
編集後 /home/httpd/vhosts/example.awk.jp/httpdocs/blog/

※URL,サイトパスそれぞれで最後の”blog”の部分を記述しなければ、ドメイン名のみでトップページにブログが表示されます。 編集が終了したら、「変更を保存」をクリックしてください。

サイト・パス

保存が完了したら上部の「サイトの再構築」をクリックします。

サイト・パス

「すべてを再構築する」を選択します。

9.ウェブログにアクセス

これで基本的な設定は終わっています。
実際に以下のURLにアクセスしてみてください。
なお「example.awk.jp」はご利用ドメインに読み替えてください。

http://www.example.awk.jp/blog/

ウェブログにアクセス

設定の詳細は下記URLに紹介されています。
http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/mtmanual.php

マニュアルトップへ戻る